openBtn

伊勢崎映画祭

2018.2.25 sun 10:15~16:00 会場/プレビ劇場(スマーク伊勢崎3F)

ノミネート一覧

1
作品名: 「恋」
監督名: 松本優紀

中学2年生、バスケ部の加代は恋がなにかわからずに焦っていた。 父が置いていったザリガニへ向けている「好き」が恋かもしれない と思った加代はいろいろ試してみるがー・・・。
2
作品名: 「叙々苑に行こう」
監督名: 加藤雅大

若者が人生最後を迎えようと、ある店に向かうことに。 その道中思いもよらぬ出会い、出来事により心が揺れ動かされ、 抱いていた思いに変化が起こる。
3
作品名: 「Dear」
監督名: 品田誠

この映画は、大切な人へのビデオレターを送る、というような意味で「Dear」と名付けました。
人は人から影響を受け、変わっていくものですが、その瞬間を現代のスマートフォンを用いて表現しました。
今何かの選択に迷っていて自分を信じることが難しくなっている人に、そっと背中を押す映画になれば幸いです。
4
作品名: 「おしゃぶり。」
監督名: 黒田航大

新学期。知実は同じクラスになった結依と友達になる。仲良くなった二人だったが、修学旅行の班決めでは別々のグループになってしまう。 クラスのリーダー的存在の麗奈は自分のグループ内に結依がいることが気に入らず、仲間とともにクラスを巻き込んでいじめを始める。頻繁に行われたいじめだったが、クラスメイトはもちろん、知実ですら見て見ぬ振りをせざるをえなくなっていた。
そして、そんな人々の口には「おしゃぶり」が...。
5
作品名: 「二者択一」
監督名: 名倉健郎

夏休み、気になる女子と花火大会に行く約束をしている昌毅。 しかし昌毅は究極の選択をしなくてはならなかった…
6
作品名: 「見えない、光」
監督名: 高橋良多

清掃会社に勤務している弘樹は、職場でショパンの曲に似た鼻歌を歌っているミキと出会う。
ショパンが好きな弘樹はミキと意気投合する。やがて2人は同棲し、関係がこじれ、それでも見えない光を追い求めようとする物語。 恋愛は「キラキラした高校生」だけに起こるものではありません。 光の差さない社会の片隅で、誰にも気づかれず生まれる恋愛もあるのです。
そんな不器用な彼らの恋愛に光を当てたくて作りました。
7
作品名: 「はじめてのきもち」
監督名: 矢野数馬

まだ空が高かったころの、忘れられない涙― 子供の頃に目に映っていたもの。それはまだ、この町の同じ場所にあります。その時に潤んだ子供心も、大人になった胸の中に、まだきっとあります。忘れられない想いが、優しく蘇ります。 詩:谷川俊太郎 声:手嶌葵 音楽:ヨハン・クリスタ―・シュッツ 撮影・編集・監督:矢野数馬
8
作品名: 「声」
監督名: 串田壮史

西日の強いアパート。 寂しい男の部屋の壁に、ある日、美しい女の影が浮かび上がる。 光と影に、希望と理想を夢見る男。 ひと夏の青春を体験した彼は、純粋さを手に入れてゆく。

トップページへもどる

pageTopへ