• シェアシェア
  • ツイートツイート

openBtn

伊勢崎映画祭

2018.2.25 sun 10:15~16:00 会場/プレビ劇場(スマーク伊勢崎3F)

入場無料

「感謝」をテーマに全国からご応募いただいたクリエイターの作品を上映。 当日審査にてグランプリを決定!!
制作者本人による作品紹介、特別ステージや歴代グランプリ作品の上映も開催予定。

募集概要

テーマ
「感謝」
時間
15分以内 ※規定を超える作品は審査対象外となります。
応募資格
不問。プロでもアマでも、アニメでもCGでも審査対象となります。
応募
作品のDVDとエントリーシートをダウンロードし、必要事項を記入して下記まで送付してください。 ※今回、審査料金は不要となります。

〒379-2224 群馬県伊勢崎市西小保方町368 
スマーク伊勢崎3F
プレビ劇場内 第9回伊勢崎映画祭実行委員会

締め切り
2018年12月16日(日)必着
通過発表
予選通過の発表に関しましては、12月中に予選通過者の方のみ直接電話連絡します。
また、応募の作品に関しては返却は致しません。
お問い合わせ
第9回伊勢崎映画祭実行委員会
0270-75-3222
isesaki-cinema@plabi.com
各賞と賞金
ノミネート作品を本映画祭にて上映。
その中からグランプリ作品(賞金:10万円)、準グランプリ(賞金:3万円)をはじめ、
複数の賞を用意。

審査員

内藤 誠 監督

内藤 誠 監督

1936年、愛知県生まれ。59年、早稲田大学政経学部卒業後、東映に助監督として入社。
68年、野田真吉と『これがベトナム戦争だ!!』を共同演出したあと、69年、『不良番長・送り狼』で監督昇進。以後、同シリーズや『夜遊びの帝王』シリーズ、『夜のならず者』『ネオンくらげ』『番格ロック』『若い貴族たち・13階段のマキ』『地獄の天使・紅い爆音』『十代・恵子の場合』などを監督。 自主映画に『時の娘』『俗物図鑑』(現大阪映画祭賞)『スタア』、最新2011年『明日泣く』。児童映画に『わたんべ』(文部大臣賞)『生きものと教室の仲間たち』(内閣総理大臣賞)。脚本に『廃市』『幻魔大戦』『唐獅子株式会社』『ルパン三世・風魔一族の陰謀』。著作に『インディアン日本をめざす』『昭和の映画少年』『シネマと銃口と怪人』。翻訳にサローヤン『ロック・ワグラム』『マーロン・ブランド自伝』イアン・マッカーサー『快楽亭ブラッグ』(翻訳特別功労賞)などがある。監督作品『酒中日記』(2015)。

宮本 正樹 監督

宮本 正樹 監督

日本大学藝術学部映画学科監督コース卒。日本大学大学院芸術学研究科博士前期・後期課程修了。芸術学博士。 監督作品にAC公共広告『いじめバイバイ・みんなの勇気』。35mm中篇映画『Family』、35mm短編映画『20年後の約束』、『うそつき由美ちゃん』にて黒澤明記念ショートフィルム・コンペティション2006奨励賞、他多数入選、『オーディション・ザ・ムービー』にてフィルムラバーズフェスタ2007グランプリ受賞。2010年短編映画集、劇場公開。2014年『共に歩く』で商業長編映画劇場デビュー。最新作は『第九条』。著書『バミューダ・トライアングル』『半次郎』。DVD『ザ・フィルムズ〜5ディレクターズ短編映画コレクション〜』『共に歩く』。

-歴代グランプリ作品-

1

「さよなら、夏の日」

監督:犬童 愛

この作品はちょうど10年前に撮ったもので、「変われない男の10年と変わらない女の10年」がテーマになっています。
誰もがそっと閉じ込めているであろうノスタルジーを感じながら、ご鑑賞いただけますと幸いです。

現在、ラジオの構成作家として活動中です。
ラジオNIKKEI第一「Heart&Life〜ありがとうを言わせて」
毎月第一・第三水曜 16:55〜17:10 放送
RN2「My Humming Time」 毎週月曜〜金曜 17:00〜17:10 放送

2

「HOME」

監督:佐々木 洸介/岩佐 恵

母の死から四ヶ月。父の恵介は思い出を片付けようとし、娘の真衣は思い出の中に自分の居場所を見出していた。心の痛みは同じはずなのに、すれ違ってゆく二人。再び 父娘は絆を取り戻すことができるのか?

3

「Old Umbrella」

監督:伊藤 佳祐

雨降る日。
ロボットの男の子は、傘がなく困る様子の女の子を目にした。
気弱な彼は、黙って自分のボロ傘を渡し走り去った。
翌日、彼の傘をさす女の子が男の子を待っていて…
眩い光が二人を彩る、ロボットたちの物語。

フリーランス3DCGアーティスト。CGでやさしくあたたかな表現を追及している。
SIGGRAPH ASIAにて作品上映、TBS DigiCon6など。
http://keisukeitoh.com

4

「777号に乗って」

監督:井上 博貴

娘を女手ひとつで育てる姉。姉や姪思いの弟は、姉に新しい彼氏を紹介されるも、「無職」と聞き、受け入れられない…。それぞれの思いが交差する、ちょっぴりファンタジックな物語。

監督&脚本を担当した就活青春エンタメ映画『40万分の1』が、
2019年2月8日(金)より東京・渋谷HUMAXシネマにてレイトショー公開。
公式HP : https://40manbunno1.com/

5

「ふたりの天性」

監督:中村 智宏

離れて暮らす妹(ユウカ)が結婚することを突然知った兄(トシキ)は、ユウカの婚約者と会って話をする中で、自分も結婚式の費用を出してあげたいと思うようになる。お金の運用に詳しい友人に相談するものの、自他共に認める世間知らずのトシキは結局うまく費用を準備することができず自暴自棄になり、トシキとユウカがお互いを気遣う気持ちが結局裏目に出てしまう。

市民活動団体「映像CUBE」として、2003年から主に三重県内で活動しています。映画や音楽を自主制作し、上映会を主催したり、全国の映像祭に出品したりしています。「ふたりの天性」は伊勢崎映画祭のみで上映していただきました。

6

「カエルのうた」

監督:中川 寛崇

第9回!伊勢崎映画祭の開催おめでとうございます!!! 当時、ポップコーンを片手に念願の映画館上映を果たせた自分の作品を観ていた記憶が蘇ります。死ぬほど緊張して6粒しか食べれなかったんです(笑) 本作は「カエルを探すものがたり」です!ポップコーンも是非、、、

【受賞歴】
<映画> 第6回伊勢崎映画祭グランプリ、第10回TOHOシネマズ学生映画祭準グランプリ、夜空と交差する森の映画祭2016 上映、小坂本町一丁目映画祭 Vol.13 上映
<CF> 第2回スナップムービーコンテスト グランプリ、第4回木更津CMコンテスト グランプリ

7

「明日への約束」

監督:赤井 宏次

ある日、病床の母が娘に宿題をだす。
困難にぶつかりながらも一生懸命に宿題をこなす娘。
その宿題に込められた母の想いとは、、

【受賞・上映歴】
第7回伊勢崎映画祭 グランプリ、第6回きりゅう映画祭 主演女優賞、 第一回德令哈国際映画祭(中国) 主演子供女優賞、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 ノミネート、はままつ映画祭2016 入選、第9回おもいがわ映画祭 入賞、日本芸術センター 第8回映像グランプリ 入選、第2回チンギス・ハーン国際映画祭、第26回キネコ国際映画祭

8

「見えない、光」

監督:高橋 良多

恋愛は「キラキラした高校生」だけに起こるものではありません。
光の差さない社会の片隅で、ゴミ捨て場で、誰にも気づかれず生まれる恋愛もあるのです。
先の見えない社会で、光の方向が分からない中、ただ今を生きる彼らの恋愛に光を当てたくて作りました。

ふくしまみさきさんの『時計のうた』という歌のMVを監督しました。
11月末よりネットに公開します。

群馬のご当地アイドル「あかぎ団」によるライブステージ!

あかぎ団

群馬のご当地アイドル 「あかぎ団」

2011年に群馬県を元気にするという使命を元に前橋市で発足。当時、地域ブランドランキング最下位争いだった群馬県を盛り上げるために結成。オーディションを1週間後に控えた3月11日に東日本大震災が発生。「こんな時こそ明るい話題を作ろう!」と停電の中オーディションを決行しました。2013年、群馬県の観光特使を拝命しライブステージだけでなく、地域活性・社会貢献・群馬県のPR、の3本柱を揺るがす事無く7年活動しています。群馬県内の地域のお祭りから県外イベント・都内ライブハウスでの対バンライブ、どこへでもたくさんの応援サポーターと共に出かけていきます。
また、月2回の慰問活動や地元赤城山の緑化運動も地道に6年間続けていることで、地域貢献アイドルとして地元で絶大な支持を受けています。

スケジュール

日時

2019年1月27日(日)
入場無料

10:15 - 10:25 開会式
10:25 - 11:25 ノミネート作品上映(第一部)
11:25 - 13:10 過去グランプリ作品上映
13:30 - 14:30 ノミネート作品上映(第二部)
14:30 - 15:00 特別ステージ
15:00 - 15:50 表彰式

※進行の都合上、若干のズレが生じる場合はご了承ください。

アクセス

会場
プレビ劇場(スマーク伊勢崎3F)
お問い合わせ

第9回伊勢崎映画祭実行委員会

0270-75-3222
isesaki-cinema@plabi.com
pageTopへ